Top Page.→  モブログ →  「クラインの壺」

クラインの壺 


先ほどの今ですが。

先日人から面白いよ、とオススメされて岡嶋二人さんのクラインの壺をお借りしたのです。

岡嶋二人さんはお名前は聞いたことがあっても読んだことはなく、初めて読んだのがこの本だったのですが。
面白い!!!!!

カフェでちょっとだけ読んでいこうかなぁと思ったのですが、気づいたら最後まで読んでしまいました。
メビウスの輪はわかりますがクラインの壺。説明だけでもこんがらがりそうなものをここまで面白いものに仕上げるなんて。
のめり込んで読みました。

クラインの壺は胡蝶の夢のようですね。
最後は結局どっちなんだろう。
どちらにしても結末は結末なのでしょうけど、こういう終わり方も良いなぁ。
解説が新井素子さんでなんだか納得しました。
そうか、岡嶋二人さんはこの作品が最後だったのか……
他の作品も読んでみようと思います。

殺人事件ではないけれどミステリーが読みたいときにオススメです。

◇この記事へのコメント

▼コメントを投稿する
(必須)
(必須)
URL:
Comment:
Pass: (必須)
  管理者にだけ表示を許可する